慌てないで!越境ECはじめる前に抑えておく5つのポイント

前回の”越境ECとは“でお分かりのとおり海外ユーザーに向けて販売するためはじめるにあたり、必然的に抑えておかなければならない5つの事があります。

今回は越境ECはじめる前に抑えておく5つのポイントを確認していきましょう。

1、多言語対応 ━━━

翻訳されているページは必須です。

どういうショップなのか、どういう商品か、説明を読めなければ購入するまでにいたりません。自動翻訳という手段もありますが海外のECサイトをみて、意味がわからない日本語の文章になるため、購入しなかったといった経験はありませんか?

ネイティブな翻訳による説明は商品理解を得ることができ、購入率向上につながる最良かつ最低限の必要なことです。

また、言語が異なるため、問合せ対応など顧客とのコミュニケーションはトラブル防止につながります。また、トラブル時の早期解決にもなります。

多言語に対応できる人材がいるに越したことはないですが、翻訳手段や問合せ対応手段などを準備しておくといいでしょう。また、商品説明や利用規約などを充実させることで問合せ件数を抑えるなどの工夫も必要です。

 

2、決済手段 ━━━

外貨に対応した決済システムを導入する必要があります。

スパム行為が多い国もあり、決済システム導入は慎重に行う必要があります。日本人のように口座振込やコンビニ支払い、代金引換払いなど現金主義で面倒かつ危険な決済方法を好む人はまずいません。

少しでもリスク回避するために、オンライン決済代行サービスの導入も検討したいところです。

 

3、配送手段と異なる法規制 ━━━

オーダーをしてくれた海外ユーザーに最適に配送ができるように、配送手段を準備しておく必要があります。

また、国内と大きく異なる点は、通関と法規制があり、取り扱う商品が国によっては輸入禁止、通関で没収なんてこともあります。特に食関連の商材であれば、トラブル防止のためにも事前に配送可能な国、不可能な国を把握しておき対応できるようにしておく必要があります。

 

4、集客 ━━━

独自ドメインで自社サイトで始める場合に必要なのは、集客です。海外では、日本の商品の認知度はかなり低く、特に伝統工芸品はまず無知に等しいと思っていただきたい。越境ECサイトを作っただけで、売れることはありません。

そこで必要になるのが広告(プロモーション)。海外に向けて広告を出すことになるため、もちろん多言語でのプロモーションをすることにります。

それなりの費用がかかることを踏まえ、戦略を練る必要があります。

 

5、異なる商習慣 ━━━

国が違えば商習慣も異なります。対象国の商習慣を予め把握し、対応する必要があります。対策できることであれば講じておくなど工夫も必要でしょう。

また、国によって顧客ニーズも異なれば、日本にしかない文化もあります。例えばお薬手帳カバーや御朱印調などです。日本にしかない物に関連する商品は海外ユーザーにとっては何コレ?って感じです。だからこそ逆にその国にて流行を起こすような商品になることがあるかもしれません。

 

まとめ ━━━

越境ECを始めるにあたり、この5つのポイントをクリアすることで不安材料を減らすことができます。
これ以外にも不安材料となり得るものも多いとは思いますが、経験してみれば「なんでもっと早く始めなかったんだろう」と思うことになります。

やってみないことには何も気付けませんし、とにかく何も始まりません。

ぜひ、越境ECで販路拡大に挑戦してみてください。

 

日本企業の“Made in Jpan” にこだわった商品のみを、海外ユーザーに向けて販売できる越境ECを、手軽に低コストで長期的にスタートできるオンラインマーケットサービスTAKUMIを間もなくリリースします。

現在、先着50社限定のリリース前申込み、スタートアップキャンペーンを実施中!
詳しくはこちらをクリック!!