ネット販売の形態と種類

今回は、ネット販売の形態と種類について書きたいと思います。

ネット販売というとカートボタンがあり、インターネット上に店舗を作って販売することとイメージするのではないかと思います。しかし、それだけではありません。

まずは、おさらいの意味も含めてネット販売の形態と種類を整理しましょう。

 

ネット販売の形態は大きく分けて

①独自ネットショップ・自社ECサイト
②ショッピングモール
③マーケットプレイス
④ネットオークション

の4つがあります。

 

それに加え、近年ではSNSサービスにショップのような機能が追加されてきています。

もちろんカートボタンがないwebサイトから、メールやFAXで注文を受ける販売方法も立派なネット販売です。

 

ネット販売の形態とそれぞれの特徴 ━━━

4つのネット販売の形態にはそれぞれ特徴があり、メリットとデメリットがあります。
販売する商材と商品の認知度、国内外を問わない会社の知名度などの要素により、どの形態を選択することが一番いいのか、ネット販売を始める上で最も重要なポイントです。

 

各形態の主な特徴とメリット・デメリット ━━━

①独自ネットショップ・自社ECサイト

【実店舗に例えると】
インターネット上の直営店舗です。例えるとすれば、後述のショッピングモールや商業ビルのテナントではなく独立した建物の店舗になります。人がまったく知らない場所に建物を建てることから始め、ひっそりと実店舗を出すというイメージです。

【メリット】
自社専用のネットショップであるため、ページ上に掲載されるのは自社の商品と情報だけのオンリーワンなネットショップになります。そのためにかかる費用はすべて自腹となりますが、制作・管理ができる人材が自社内にいれば、運用コストが安くすみ、修正や変更がスピーディーに行えるというメリットがあります。
もちろん外部に依頼すれば100万円前後の制作料や毎月数万円かかる保守管理費、加えて修正や変更をするには別途料金が依頼毎に発生するなど外部依頼の場合はメリットというメリットはないように思います。

【デメリット】
集客を自分たちで行わなければならないというデメリットがあります。物や店が溢れる現代において集客は大変困難で、収益を上げるには相当な広告費と時間がかかり、努力と運営ノウハウを身につける必要があります。

 

②ショッピングモール(以下、モールという)

【実店舗に例えると】
楽天市場のように個々の店舗の集合体です。実店舗で例えるとイオンモールのように一つの建物内の仕切られたテナントに出店する形態です。競合他社だらけの人が多く集まるところに高い家賃と売上に対して手数料を払わなければならない物件に実店舗を出店するというイメージです。

【メリット】
数多くの会社や事業主が運用する店舗があるため、たくさんの消費者が訪れるのがモールです。実店舗のモールと同じく最大のメリットはモールが持つ集客力です。また、需要がある商品を販売している店舗が常に存在するため、一定の集客があります。

【デメリット】
デメリットはコストパフォーマンスの悪さです。
冷静に考えなければならないことは、あなたの店舗の集客ではないということです。そしてネットの世界ですからテナント数は無限的にあり、同商品・類似商品を扱う同業者が山のように出店しているため、競合他社と価格競争に勝たなければなりません。
コスト面ですが、あくまで独立した店舗ですので運用コストが高いという点があり、固定のテナント料の他に①の自社ECサイトと同様レベルの費用がかかります。そのため某大手モールでは、いっぱい広告を出さないと売れませんといった趣旨の教育を行っています。売れない時の金銭的ダメージはかなり大きくなります。

 

③マーケットプレイス

【実店舗に例えると】
Amazonのように個々に店舗を持たない商品群です。正確に言えばお店として登録し商品を出品します。一つの空間に商品を出品し、同じ商品や類似商品のところに掲載してもらう感覚です。
委託販売的に商品を預けて販売してもらうようなオプションがあるサービスもあります。同じ空間で同業他社と同じ商品または類似商品を並べて販売してもらうというイメージです。

【メリット】
数多くの種類の商品が販売されているため、たくさんの消費者が訪れるのがマーケットプレイスです。メリットはモール同様に集客力です。
意外と理解されていない方が多いモールとマーケットプレイスの違いですが、店舗群であるモールに対してマーケットプレイスは商品群になります。店として契約はしますが、実店舗を持たず商品を出品により置いてもらう感覚です。よって店舗を持たないためページ制作や更新などの手間や費用がかからないことも魅力的です。そして月固定の利用料金は比較的良心的ですが、別途売上に対して高い比率の販売手数料がかかります。

【デメリット】
デメリットは競合他社との価格競争が熾烈を極めるということです。
マーケットプレイスは商品群のマーケットなので同じ商品や類似商品が並ぶため、1円でも安く条件がいい方が店舗に固執せず売れるという点があります。需要のある商品を世界のどこよりも安く製造または仕入れることができる小売業であれば間違いなくマーケットプレイスを選ぶべきだと思います。

 

④ネットオークション
オークションに出品し、一番高い金額を提示した人に販売する形態です。代表的なサービスにヤフオクがありますね。

【メリット】
個人が販売する中古品やジャンク品も交えた商品群の中からユーザーができるだけ安く良い品・許容範囲の品を金額で競り合うため、新品でなくてもいいという人たちも集まる利用者の多さと、B品や1円以上でも売れればいいという在庫処分をするには一番適していることがメリットです。

【デメリット】
デメリットは出品〜取引完了までの個人とのやり取りに手間がかかることと、利益が薄くなることです。需要や時価など商材にもよりますが、大抵は定価の半額程度または半額以下の落札価格に落ち着いています。

 

まとめ ━━━

ネット販売の形態と種類について、検証してみました。
すでにネット販売をされている方やこれからネット販売をとお考えの方も、販売形態の特徴やメリット・デメリットを踏まえた上で再度見直し、自社に合ったネット販売の形態をまずは選択してみてはいかがでしょうか。

 

日本企業の“Made in Jpan” にこだわった商品のみを、海外ユーザーに向けて販売できる越境ECを、手軽に低コストで長期的にスタートできるオンラインマーケットサービスTAKUMIを間もなくリリースします。

現在、先着50社限定のリリース前申込み、スタートアップキャンペーンを実施中!
詳しくはこちらをクリック!!